FORCIA CUBEフォルシアの情報を多面的に発信するブログ

フォルシアでの生活は「未知との遭遇」の連続

2018.04.18

社員インタビュー IT推進室 コーポレート 採用

 こんにちは!経営企画室の西澤です。今回は、バックオフィスでフォルシアを支える、2016年新卒入社、IT推進室の大口さんにインタビューしました。

※所属、業務内容は取材時点の内容となります。

IMG_8344.jpg

IT推進室ではどんな仕事をしていますか?

 IT推進室の中でも主に社内で使用するツールの開発・運用を行うチームに所属しています。業務内容は、エンジニアではないのでプログラムは書きませんが、要望をシステムの仕様に落とし込む作業から実際のプロジェクト推進、運用開始後のお問い合わせ対応や改修依頼の受付まで多岐にわたります。

バックオフィスの仕事の特徴を教えてください。

 社外にお客様を持つ場合とは異なる点は、金銭的な利益によるフィードバックがないということですね。でも、その分細やかな調整やコミュニケーションが評価される業務だと感じています。フォルシアの社内ツールには、社員が円滑に業務を行えるようにすること、フォルシアの考え方を制度的な側面から支えることが求められています。制度に込められた思いを形にすることは難しいですが、同時にやりがいも感じています。

今年は3年目ですね!入社時と比較して「成長した!」と感じることはありますか?

DSC_1086.JPG

 仕事の技術的な面での成長はまだあまり強く実感はしていないのですが、自分の弱点への向き合い方が変わってきたと感じています。就活生だった当時は、自分の強みを「どんなに環境が変わっても結果的に適応できるところ」と言っていましたが、フォルシアでの社会人生活は想像以上に「未知との遭遇」の連続でした。私は「結果的に適応」するまでに必ず必要以上に他人と比較して焦り、度々失敗してきたのですが、以前より「過去の自分と比べてどうか」という視点で考えられるようになりました。その結果として、丁寧に忍耐強く課題に取り組めるようになってきたと感じています。

フォルシアならではの特長ってなんでしょう?

 役員と一社員の距離がとても近いことです。業務において役員が極めて身近な存在であることは勿論、休憩スペースで社長とお弁当を食べることもよくあります。私にとっては日常的なことですが、友人に話すと驚かれますね(笑)。でも、このような環境だからこそ会社のトップが会社全体だけでなく、私個人に期待していること、現在の印象や評価を知ることができますし、そのことが私にとっては大きなモチベーションの一つとなっています。

最後に、今後の目標を教えてください。

IMG_8346.jpg

 

 今、フォルシアは次なるステージを目指して様々なことに取り組んでいますが、バックオフィスの一員として、フロントの人が安心して全力を出せるようなフォルシアらしい環境を作ることを目指したいです。そのために技術や知識、経験を積むことは勿論ですが、相手の要望の意図を正しく理解することや心遣いを忘れないことも心がけていきたいです。
 また、私は新卒の中では初めて普通職として採用され、その後特別職に転向するなどこれまで多くの機会が与えられてきたこともあり、今まで自分がもらったものを会社に還元する気持ちを常に忘れず取り組みたいという思いがあります。停滞することなく、最初に感じた感覚や緊張感を大切にしながら様々なことに挑戦し続けたいです。

 社員が効率よく業務を行えるように、社内システムの改善に尽力している大口さん。IT推進室の支えがあってこそ、スピード感をもったサービス提供が実現されるということを忘れてはなりません。大口さん、ありがとうございました!

大口 翔子(おおぐち しょうこ)

IMG_8324.jpg

プロフィール

経歴

 2016年3月 上智大学総合人間科学部卒業

 2016年4月 フォルシア株式会社入社

仕事の息抜き

DSC09173.JPG

  福利厚生の一環のフリードリンクの中からお気に入りの飲み物を選ぶことが、息抜きになっています。オフィス移転後は休憩スペースからの景色も変わり、晴れた日には東京タワーとスカイツリーがよく見えるところがお気に入りです。

オフの過ごし方

 入社後しばらくして会社の近くに引越したのですが、休日は映画をみたりショッピングに気軽に行けるようになりました。またこの機会に料理を積極的にするようになったりと都心の一人暮らし生活を満喫しています。