検索プラットフォーム

データをビジネスの武器に転換する

 Spook®(スプーク)は、各企業が独自に持つ膨大で複雑なデータに合わせて、最適な検索を実現するための「技術基盤」です。データ検索を速く、賢く、無駄のない形で提供するために、データをどのように持つべきか、そしてどのように見せるべきかを深く考え抜いた技術とノウハウが蓄積されています。

 独自の『探索最適化技術』により、データを1/20に軽量化することで検索負荷を大幅に軽減。さらに、これまで培ってきたノウハウと独自フレームワークを駆使した最適化により体感速度3~5倍に改善して表示します。



Spook®の機能

 通常の検索システムとは異なる発想を用いることによって、情報の全体像を俯瞰し、目的とする情報にたどり着くための「切り口」を提示します。


一般的な検索エンジン

検索対象を段階的に絞り込み除外しながら、目的のものに到達する(逐次ドリルダウン型)

  • 一つの階層をドリルダウンした件数カウントのみ可能
  • 件数表示は基本的にand条件による絞り込みのみ

検索の自由度が低い

Spook®

全ての検索対象を俯瞰し、その中から目的を探し出す(俯瞰型)

  • 全ての階層×全ての検索軸の各種カウント(件数・平均・標準偏差等)や表示が可能
  • 件数表示は、andとor条件の組み合わせに制約が無い

検索の自由度が高い



Spook®の特長

 属性による絞込みで数千万の組み合わせを瞬時に処理し、キーワード検索では探しきれないようなあらゆる条件・組み合わせを自由に検索することができます。


  • 1.特定検索:探している答えは1つだけ(例:ホテルの住所)
  • 2.候補検索:探している答えは1つではない(例:駅地近郊にある朝食付きのホテル)
  • 3.全量検索:関連するものは1つ残らず全て(例:市内にある全てのホテル)

2の検索は候補を提示してくれるが、最適解までは教えてくれない

Google, Solr 等

/svg>

検索キーワードを追加して絞り込み

  • キーワードを知らないと絞り込みが出来ない
  • 検索結果が0件になることもある

Spook®

/svg>

検索対象の属性を軸に絞り込み

  • キーワードを知らなくても絞り込みができる
  • 件数表示で検索結果が0件になることは無い


Spook®の得意領域

 複雑かつ膨大なデータを属性にて高速に絞り込む検索に強く、大量なデータを保持するサイトに幅広く応用が可能です。条件が複雑になればなるほど実力を発揮し、その利用範囲は企業内分析ツールにまで及びます。



提供サービス

独自の技術を駆使した開発基盤を様々な分野の課題に応用し、幅広いニーズにお応えします。