ニュースNEWS

【3年連続受賞】2018年「働きがいのある会社」ベストカンパニーに選出されました

2018年02月09日 お知らせ

 フォルシア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:屋代 浩子、以下:フォルシア)は、Great Place To Work(R) Institute Japan(本社:東京都品川区、代表取締役社長:岡元利奈子、以下:GPTW)が発表した2018年版日本における「働きがいのある会社」ランキング(従業員100人-999人部門)で52位に選出されました。2016年に初受賞して以来、3年連続のベストカンパニー受賞となります。

 フォルシアは、GPTW2017年版まで、従業員25-99人部門での選出でしたが、事業成長に伴う組織の拡大により今年度より100-999人部門でエントリーしています。「フェアネス」に基づいた社員相互評価制度、充実した福利厚生制度の運用によって社員個々が持つ力を最大限引き出し、付加価値の高いビジネスを創り出しています。

 今後も、社員が「働きがいがある」と感じることができるような職場づくりに努めてまいります。

BestWorkplaces_2018_cmyk.png

【Great Place to Work® Instituteについて】
 Great Place to Work® Institute は、「働きがいのある会社(Great Place to Work®) 」に関する調査・評価・支援を行う専門機関です。「働きがいのある会社」を世界共通の基準で調査し、各国の有力メディアで「働きがいのある会社のランキング」(リスト)を発表しています。なお、本リストは、米国では1998年から「FORTUNE」誌を通じて毎年発表されており、このリストに名を連ねることが「一流企業の証」と受け止められています。調査には、毎年約50カ国で7,000社、500万人を超える従業員が参加しており、世界最大規模の従業員意識調査となっています。

【Great Place to Work® Institute Japanについて】
 Great Place to Work® Institute Japanは、日本における「働きがいのある会社」の普及を目指し、2007年にスタートいたしました。「日本における働きがいのある会社ランキング」の発表は今回(2018)で12回目の発表となります。調査に加え、各種研修やワークショップ等のサービスも展開し、日本で「働きがいのある会社」づくりのご支援を行っております。

【Great Place to Work® の調査内容】
 「経営・管理者層への信頼」「仕事や会社への誇り」「仲間との連帯感」に関連する58の設問への5段階評価、および2問の自由回答設問に、 参加企業の従業員が無記名で回答する「従業員へのアンケート」と、参加企業の企業文化や会社方針、人事施策、具体的には、 採用、経営層からの意見浸透、従業員からの意見聴取、人材育成、ダイバーシティ、ワークライフバランス、社会・地域貢献活動 などの具体的な取り組み内容を参加企業が回答する「会社へのアンケート」を、世界共通の基準で評価します。配点は、「従業員へのアンケート」が2/3、「会社へのアンケート」が1/3であり、「従業員からの声」を重視した配点となっています。

<「働きがいのある会社」ランキング>
http://hatarakigai.info/

<フォルシア 社員相互評価制度>
https://www.forcia.com/jobs/evaluation/

<フォルシア 福利厚生制度>
https://www.forcia.com/jobs/culture/