FORCIA CUBEフォルシアの情報を多面的に発信するブログ
カテゴリー

「世の中に素敵なサービスを生み出したい」その一心で仕事をできることが楽しさ

2018.06.06

社員インタビュー 営業本部 採用

 経営企画室の西澤です。新卒2年目社員インタビュー第2回目の本日は、総合職で入社し、現在営業本部で活躍する兼岩和奏(かねいわ わかな)さんです。

IMG_2601.JPG

初めに、フォルシアへの入社理由を教えてください。

 私がフォルシアを選んだ理由は、単純かもしれませんが、社長のエッセイ本「仕事って楽しい!」(非売品)を読んで、フォルシア社員の一員になりたいと素直に思ったからです。このエッセイ本には、起業を思い立ってからの出来事が社長目線で描かれています。そこから読み取れる社長とCOOの人間性やフォルシアに込められた思いに惹かれ、この会社で働くことに魅力を感じました。
 もちろん事業内容や福利厚生にも惹かれましたが、自分がしんどくなった時も頑張れるのは、誰かのために頑張りたいと思えるかどうかだと思ったので、私は「どのような人のもとでどのような人と一緒に働くか」を最も重視してフォルシアを選びました。

入社から今までの主な業務内容を教えてください。

 総合職は、想像していた以上に業務の幅が広く、任せてもらえる範囲も大きいです。会社説明会に登壇するときは、営業部の業務内容として、「新規開拓からコンサル、プロジェクト管理まで、幅広い仕事をしています。」と言っていますが、まさにその通りです!新規のお客様の元に訪問し、案件獲得に向けて会社紹介を行っている日もあれば、既存顧客のニーズの実現に向けて、次期案件の調整をしている日もあります。
 また、業務全体を通してエンジニアと関わる機会は非常に多く、常にチームとして共に仕事をしています。ビジネスの知識だけではなく、技術面の知識も身に着けられるのが、フォルシアの営業の良さだと思います。

具体的に、どのようなことに仕事のやりがいや楽しさを感じていますか?

 営業と聞くと、「ノルマが厳しそう」「好きでもない商品を売らなきゃいけない」などマイナスのイメージを持たれることが多いと思います。フォルシアの営業は、既存の製品を売るのではなく、お客様の要望をエンジニアと協力しながら実現していくのが仕事です。
 「お客様の力になりたい」「世の中に素敵なサービスを生み出したい」その一心で仕事ができるところが楽しいと感じています。

059A8281.JPG

入社後1年間を漢字一字で表すとどんな1年でしたか?

跳.gif

 「跳」です。2017年は、毎日新しい経験をして、刺激的で充実した一年間でした。
 初めてお客様の前で話した時、緊張して声が震えていたことを覚えています。認識違いがありお客様が怒って電話をかけてきた時は、どう動けばよいか分からず先輩に代わってもらい、自分の不甲斐なさを感じました。たくさん失敗をして、悔しい想いをしたことも多々ありましたが、経験を重ねて1つずつ学んでいくことで成長に繋がったと思っています。

兼岩さんが思うフォルシアの魅力を教えてください。

 フォルシアでは若手にも挑戦する機会がたくさん与えられます。私も営業部に配属されてすぐ、大手旅行会社様の大型案件にアサインされました。右も左も分からない新人がいきなり戦場に出ていくわけですが、優秀な先輩がいつも見守ってくれていて、何かあれば必ず助けてくれると信頼していたからこそ、のびのびと仕事ができていたと思います。エンジニアも優しい方が多く、物理的にも精神的にも距離が近いのもフォルシアの魅力の一つです。

最後に今後の意気込みと、就活生へのアドバイスをお願いします!

 次の1年間は、自分で判断できる幅を広げ、自分でリスクをとれるようになることが目標です。将来的には、お客様にも、エンジニアにも、会社にも喜んでもらえるような仕事ができる一人前のビジネスパーソンになりたいと思っています。
 就活生へのアドバイスは、当たり前ですが、どの会社が良いかは人によって異なると思います。自分がどういう会社なら頑張れるのか、自分の目で見て、自分で感じて選んでほしいです。最後に信じるべきは自分の感覚です!


 「営業」と言っても一言では言い切れないほど、幅広い業務をこなしていると語る兼岩さん。営業・技術ともに顧客チームのメンバーが一丸となって、お客様に寄り添った提案やサービス開発を行うところがフォルシアで働く楽しさと話してくれました。
 今回で、新卒2年目社員のインタビューは終わりとなりますが、今後も採用に関する情報やフォルシア社員の声をブログでお伝えしていきます。お楽しみに!

この記事を書いた人

西澤真歩

2015年新卒入社。経営企画室にて、企画・広報業務を担当。
HP・SNSでフォルシアの今を発信していきます!